春のガーデンへ行こう!

0

Posted by hanakyokai | Posted in 未分類 | Posted on 25-04-2017

こんにちは。スタッフの皆川です。
新緑が美しい季節となりました。
八重桜も満開でフジやハナミズキなど春の花のリレーが続いていますね!
三鷹のあちこちでたくさんの花木を見るのが楽しいこの頃です。

今年は都市緑化フェア横浜が開催されており、4月の初めに行ってきました。
横浜から関内、赤レンガ倉庫付近、港の見える丘公園、山下公園へとたくさんのガーデンが
花と緑に彩られ、とてもウキウキ、まさに花いっぱいで一日では見切れないほどでした。
こちらは、協会でもガーデニング講座の講師をしていただいたことのある平工詠子さんのデザインの球根ミックス花壇です。

山下公園の広大なチューリップガーデン

中でも、オランダのガーデンデザイナーのジャクリーン ファン デル クルートさんによる球根を一輪車の中でミックスしてバラまいて作る球根ミックス花壇。この手法が フロリアード2012(国際園芸博覧会)で注目されキューケンホフ庭園やアメリカなど世界中で
話題を呼んでいるそうです。そんなデザインを日本でみられることに感謝です。
平工さんがジャクリーンさんのデザインにフロリアードで感銘を受け、全国都市緑化横浜フェア実行委員会を通して日本でのガーデン作りが実現したそうです。
桜木町から赤レンガ倉庫に向かう新港中央広場内はとてもカラフル!
球根植物いっぱいの中にわすれなぐさなどの一年草や低木も植えられています。
下の写真では、バックのブルーグレーの歩道橋のカラーに合わせて白を基調としたミックス、
赤レンガ倉庫に合わせてピンクや赤を基調としたミックスデザイン、ほかにも赤、オレンジ系
や春色のミックスなど様々な組み合わせがありました。咲く時期や植えっぱなしで強く、分球して広がる小球根などを使用する
そうで、今回、球根の使い方がとても参考になりました。
現在は、次の季節に向けて植え替えも始まっているとのこと、みなさまもぜひ横浜にお出かけください!

 

 

 

 

 

 

 

 

Write a comment