美しい礼文島の花

0

Posted by hanakyokai | Posted in 未分類 | Posted on 24-09-2014

やっと涼しくなりましたね。
4月から協会事務所で総務を担当しております太田です。
いつも事務所内にいるのですが、草取りは趣味の一つ!?なので、お誘いいただければどこの花壇(現場?)にも馳せ参じます(^^)

今回のブログでは、この夏に私が旅行した「礼文島」の花をご紹介しようと思います。協会にかかわる前は、花に詳しくは無かったのですが、今回の旅行では固有種を調べたり、すっかり“花好きおばさん”になってしまいました。

礼文島へは稚内からフェリーで渡ります。このフェリーで「あつもん」という礼文島のゆるきゃらと乗り合わせました。しかーし、この「あつもん」がいまひとつ可愛くないし、なんんだかよく分からないキャラで、まだまだアツモリソウにもさほど興味が湧きませんでした。
「あつもん」はこちら→http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000997

礼文島では「花れぶん」という宿に泊まりました。ここでは礼文島の花のレクチャーが夜に開催されていて、さっそく参加しました。その中で私が興味を持って、「絶対に見たい!」と思ったのがレブンウスユキソウとレブンアツモリソウです。まあ、レブンアツモリソウの化身があつもんなのですが・・・(^_^;)
その他にもたくさんの魅力的な花があり、島を回るのがワクワクしてきました。翌朝、朝食前に近くの桃岩へガイドさんとの散策に参加。固有種の説明などを受け、たくさんの花を見ました。小さな島なのに、島の西側と東側の生態系がとても違っていて、不思議ですね。

ふわふわした綿毛が何だか愛らしくて妙~に気に入ってしまったオニシモツケ、

DSC_0430花が上向きか下向きかで区別するレブンソウ
etc

下の写真は、礼文町高山植物園での 左側がレブンソウ、右側がレブンウスユキソウです。

DSC_0448レブンウスユキソウはちょうど時期だったのでホテルの花壇にもありました。足元の装備と時間の都合がつけば群生地にも行きたかったくらいです。

レブンアツモリソウは2週間遅かったというカンジなのですが、高山植物園に鉢植えで咲いていました。実物は本当に可愛らしくて可愛らしくて。あの微妙~な「あつもん」が恨めしくさえ思われました。「あつもん」の存在がレブンアツモリソウの魅力に悪影響があるのでは?と怒りを覚えてしまう私なのでした。

可憐で美しいレブンアツモリソウ

DSC_0445今回は礼文島の花の話題でしたが、利尻島の花も素敵でしたよ。機会があればまた。

大沢ふるさとセンターの板橋です。

0

Posted by hanakyokai | Posted in 未分類 | Posted on 17-09-2014

センターに着任して、もう一年と半年を迎えようとしております。
本格的に農業を体感したことがなく、続くか心配でしたが何とか進んで来る事ができました。これも協会の皆様や相方の協力や周りを取り囲む方々の理解のおかげと思っております。この紙面をお借りいたしまして、お礼を申し上げたいと存じます。
さて今年は、昨年訳わからずにチャレンジしたひょうたん・フットボールの形に似ているかぼちゃの種を取っておき、発芽をさせて作ることを目標にしました。見事とは言えませんが両方ともしっかりとした物として収穫することができました。

IMG_0010IMG_0038

 

 

 

 

IMG_0046

昨年作成しましたひょうたんここまでするには時間がかかりましたが、達成感は100%です。

今年の収穫量は上の写真をご覧いただきたいと思います。このひょうたんにドリルで穴を開けアート化して、LED等の光源を利用したランプを作成しようと考えております。

 

続いて、かぼちゃを、おいしく食べる方法を教えていただき作ってみました。これは、酒のつまみになると思います。食べやすい大きさにカットして、電子レンジで加熱を行い冷ましてから、マヨネーズをあえ、トッピングに明太子・しその葉を加えて完成です。

IMG_0051

和風好みでしたら、この他にめんつゆ(3倍濃縮)や鰹節を加えてみるとおつな味でいけると思います。一度お試しあれ!!

この他に、簡単にできるレシピを教えていただければ幸いです。