旅と花壇

0

Posted by hanakyokai | Posted in 未分類 | Posted on 13-01-2015

創造協会に来て二年目を迎えております、寺田昇です。
相も変わらず、ラーメン(中華そば)の食べ歩きを趣味にしています。昨年も、北海道や山形、それから岡山、鳥取、広島とめぐることが出来ました。今年もあちこちに出かけることが出来ればと考えています。花と緑の仕事に携わっている影響で、旅先でも自然と花壇に目が行くようになりました。商店街や駅前の花壇を見ると、どの様な方々が作業されているのかなと考えてみたりします。三鷹市内で活躍されている皆様のような方々が旅先の土地にもいらっしゃるのかなと。

HP原稿(寺田)写真 根室では、樽型の鉢にピンクのベゴニアが円を描いて植えられていました。商店会通りのあちこちに置かれているベゴニアの樽はとても華やかでした。また、天空の城・備中松山城(話題になった竹田城址ではありません)のお膝元である高梁駅前には地域の方々が花を植えたプランターがいくつか置かれていました。駅から遥か遠くに小さく見える松山城の天守閣と足元にあるプランターの小さな花々を見ながらローカル線の待ち時間を過ごしました。

目を留めないと流してしまいそうな小さな風景も、その土地柄を表す大切なひとこまであることに間違いありません。ローカル色豊かな白糠駅前にも地元の方が作られた素敵な花壇がありました。

根室でも、高梁でも、白糠でも美味しくラーメンをいただきました。なかなか、「華」を目指した旅から抜けられそうにありませんが、これからも旅の先々で、地域の方々が活躍されている「花」に目を留めていこうと思います。自然に。